交通安全教室

5月29日(水)交通安全教室が行われました。


主催:JA共済連福井
共催:福井県警察本部、勝山警察署、JAテラル越前
協力:勝山地域交通安全活動推進委員協議会、勝南自動車、シャドウ・スタントプロダクション


今年の交通安全教室は、全校生徒を対象にして、スタントマンによる スケアード・ストレイトを取り入れた内容で実施されました。
*スケアード・ストレイト とは ・・・
[恐怖を直視させるという意味。恐れを与えることにより、社会通念上望ましくない行為を自主的に行わせないようにする教育手法]

交通事故再現スタントで行われた主な内容は、
① 40km/h の走行車両と自転車との衝突
② 違反自転車が集まった場合について
③ 見通しの悪い交差点について
④ トラック左折時の巻き込み事故
⑤ 傘差し自転車の危険性
⑥ 二人乗り自転車の危険性


また、勝山地域交通安全推進委員協議会 より 反射材の贈呈 が行われました。


『ルールを守れば、ルールがあなたを守ってくれる!!』
『自転車は車両の仲間!!』
『自転車は、被害者にも加害者にもなる!!』

登下校で自転車を利用する生徒も多く、今回の講習はたいへん貴重なものになったと思います。今一度、自分の交通マナーについて考え、安全な学校生活を送れるように気をつけていきましょう。